東春信金、 持続化補助金の相談会  小牧商工会議所と共催

2021.12.07 19:10
補助金活用 事業再構築支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
経営者と中小企業診断士の面談に同席し、メモを取る地元支援部の職員(左、12月7日、東春信金本部)
経営者と中小企業診断士の面談に同席し、メモを取る地元支援部の職員(左、12月7日、東春信金本部)

東春信用金庫(愛知県、鈴木義久理事長)は12月7日、本部ホールで小規模事業者持続化補助金の「個別相談会」を実施した。小牧商工会議所との共催で、地元企業12社が参加した。


相談内容は、持続化補助金の一般型と低感染リスク型ビジネス枠、愛知県から認定を受ける「経営革新計画」の3点を主軸とした。


相談に訪れた経営者は同所から派遣された中小企業診断士と面談。補助金申込書をもとに業況やマーケティングプランに関するヒアリングを受けた。対面が基本となるが、来訪が難しい経営者の相談にはZoomを活用し柔軟に対応した。


相談には同信金の職員が同席。地元支援部は「同席して得た知識を訪問先で生かし、補助金提案につなげてほしい」とする。持続化補助金の相談会は、2020年に両者共催で始めた。これまでは年2回の開催だが、22年度は年3回への拡大を検討している。


同信金は相談会や創業塾などで地元商工会議所と協力し、経営支援の知見を得る狙いがある。同部の宮川努副部長は「地域のステークホルダーである小牧商工会議所と連携を深めることが、本業支援で重要になる」と話す。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

東春信金錦通支店、不動産優良案件を見極める 融資新規・純増でトップ 
志村支店長(左から3人目)は、「業種別支援の着眼点」を使い勉強会を実施している(23年12月27日)
人事異動 東春信用金庫(2024年1月1日)
東春信金、小牧市の企業支援制度説明会 金融機関など50人参加
説明会で挨拶する鈴木理事長(9月25日、東春信金本店)
東春信金、創業支援へ注力 塾卒業後もフォロー
創業塾の説明会を開いた鈴木義久理事長(左から3人目、9月1日、本部)

関連キーワード

補助金活用 事業再構築支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)