日本生命、気候変動で初のインパクト投資

2021.11.23 04:49
脱炭素 ESG
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
日本生命保険は11月22日、米子会社を通じて米TPGキャピタルが運用する脱炭素ファンドへ2000万米ドル(約23億円)の投資を決定した。経済的リターンと合わせ、温室効果ガスを削減するインパクトを創出するプライベートエクイティ(PE)ファンド。日本生命はこれまで6件、約200億円のインパクト投資を実行しているが、気候変動に特化したインパクト...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

日本生命・大澤氏が意思決定メンバーに 脱炭素推進の国際組織で
日本生命、障がい者スポーツを支援 応援通じ“感動”伝える
役員人事 日本生命(3月25日)
日本生命、少短保険が営業開始 第1弾は妊婦向け

関連キーワード

脱炭素 ESG

アクセスランキング

おすすめ