鹿児島銀、バイウィルと連携協定 薩摩川内市と脱炭素目指す

2024.06.19 19:24
提携・連携 脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
鹿児島銀行は6月19日、J-クレジット事業支援のバイウィル(東京都)、薩摩川内市(鹿児島県)との間で3者連携を結んだ。温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させる「カーボンニュートラル」や、循環経済(サーキュラーエコノミー)の実現を目指していく。
協定ではほかに、地域経済の活性化、農林水産業の振興、環境価値に関する調査・研究などを連携して行...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行界、女性管理職比率16.3% 定義厳格化で足踏み
寸言 郡山明久・鹿児島銀行頭取
九州地区地銀、新紙幣対応 来店客多くにぎわう 「日本の技術の塊」に感激
新札を求めて混み合う店内(7月3日、福岡銀本店営業部)
鹿児島銀、しずおかFGと協働 ファンドにノンリコ融資

関連キーワード

提携・連携 脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)