メガ系証券、M&Aで提携・買収効果 SMBC日興は協業案件100件

2024.06.20 04:40
提携・連携 M&A 海外戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
メガバンクグループ傘下の証券会社は、海外M&A(合併・買収)業務で米国企業との提携・買収効果が表れている。三井住友フィナンシャルグループ(FG)は米証券ジェフリーズとの協業案件が約100件に上り、SMBC日興証券の2024年3月期M&A収益は前年同期比2割増加。M&Aアドバイザリーのグリーンヒルを買収したみずほFGはM&A助言機能の内製化...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

三井住友FG、アバター接客サービス実証実験開始 コールセンター業務の一部
7月16日 ニュースリリースPICK UP
【3メガG インドへ熱視線】(下) 進むアジアの事務拠点化
MUFGグローバルサービスのオフィス(MUFG提供)
人事異動 三井住友フィナンシャルグループ(2024年7月2日)

関連キーワード

提携・連携 M&A 海外戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)