能登半島地震6カ月、輪島出身支店長の奮闘記

2024.06.23 04:55
インタビュー 災害 防災・復興
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
1月1日の能登半島地震で壊滅的な被害を受けた石川県輪島市。震災から約半年で、ようやく復興への動きが出てきた。現地で奔走するのが、のと共栄信用金庫輪島支店の堂角(どうかく)清志(きよし)支店長(60)。被災直後、道路が寸断し、輪島市内の山あいの集落で10日間の孤立生活を余儀なくされた当時の状況や、故郷への思いを聞いた。
見慣れた風景一変
...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 のと共栄信用金庫(2024年6月21日)
役員人事 のと共栄信用金庫(2024年6月21日)
信金、ATM×AIで特殊詐欺防止 西尾、福島など試行導入
AI画像検知付ATMを試行する西尾信金職員(5月8日)
能登半島地震から4カ月、事業再開支援が本格化 復旧・復興フェーズへ
塩田村の状況を説明する石田社長(左から3人目)と中野支店長(同4人目、4月19日、奥能登塩田村)

関連キーワード

インタビュー 災害 防災・復興

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)