伊予銀、「事業共創プログラム」始動 次世代の愛媛支える産業発掘

2024.06.18 04:45
起業・創業支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
事業共創プログラムについて説明する木原常務(左)と地域創生部の赤塚昌弘部長(6月17日、本部)
事業共創プログラムについて説明する木原常務(左)と地域創生部の赤塚昌弘部長(6月17日、本部)
伊予銀行は6月17日、次世代事業共創プログラム「LEADING EDGE 四国」を始動した。愛媛大学やアンクアンドパートナー(東京都)と連携した事業。愛媛県内企業による未来志向の課題に対し、若者からアイデアを募ることで、人材の育成と次世代の愛媛を支える産業創出を目指す。
このプロジェクトでは、連携する愛媛県内のサポート企業8社が課題を提...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

伊予銀、業務委託先で不正アクセス 顧客情報漏えいが判明
人事異動 伊予銀行(2024年6月27日)
再考・地方創生(3) 領域広げる地域商社、非金融の底力
四国アライアンスの地域商社「Shikokuブランド」が人的交流のある他の地銀系地域商社と連携して開いた物産フェアの様子(6月6日、住友生命保険東京本社)
役員人事 伊予銀行(2024年6月27日)

関連キーワード

起業・創業支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)