埼玉県信保協、砂川新会長に聞く 地域のハブ機能発揮へ

2024.06.17 18:42
インタビュー 信保協
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
4月から3カ年中期経営計画が始動した埼玉県信用保証協会。4月26日に新会長に就任した砂川裕紀氏(65)に就任の抱負や新中計の要点などを聞いた。
――保証実績と全国的な位置づけは。
「2023年度は、円安進行や物価高の影響を受けているなかで、『ゼロゼロ(実質無利子・無担保)融資』の返済を開始する中小企業・小規模事業者に対して、伴走支援型...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日本公庫三重県内3支店と三重県信保協、合同で創業支援研修開く
合同研修に20人が参加した(日本公庫津支店、7月24日)
石川県内4信金と信保協、トップ集まり意見交換 被災企業の支援が焦点に
ラウンドテーブルで話し合う石川県内信金の理事長ら出席者たち(7月24日、KKRホテル金沢)
富山県信保協、「企業価値担保権」で勉強会 信金担当者など40人参加
講義をする水野教授(7月24日、富山県民会館)
山梨県信保協、県内35カ店を表彰 若林会長から感謝状
山梨県信保協、県内35カ店を表彰 若林会長から感謝状

関連キーワード

インタビュー 信保協

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)