宮崎銀、融資稟議書にAI活用 作成時間を95%削減

2024.06.14 19:22
AI システム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

宮崎銀行は、一部の営業店で人工知能(AI)を利用した融資稟議書の作成を開始した。作成業務に要する時間を95%短縮することに成功。2023年度から日本アイ・ビー・エムと協働で取り組んできたプロジェクトで、国内金融機関では先進的な事例となる。利用開始日は4月26日。



勘定系システムやサブシステムから受け取った情報を基に、AIが融資先事業者の概要や業況、借入内容、償還力、金利条件などを盛り込んだ、自然な文体の稟議書を作る。過去の面談記録を要約し、当該融資が与える地域への波及効果、取り組み意義などからなる「融資方針」まで作成可能だ。


使用するのはMicrosoftのAzure OpenAI Service。行内システムと専用線でつないだ専用のクラウド環境で運用する。


稼働状況をみながら、利用する営業店を拡大していく方針。また、融資に限らずさまざまな業務に生成AIを活用し、生産性向上や商品・サービスの拡充に取り組んでいく。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

九州地区地銀、新紙幣対応 来店客多くにぎわう 「日本の技術の塊」に感激
新札を求めて混み合う店内(7月3日、福岡銀本店営業部)
地域銀、採用に「デジタル広報」 ツールの使い分け進む
人事異動 宮崎銀行(2024年6月25日、7月1日)
宮崎銀、24年3月期純利益12.7%減 2期ぶりの増収減益
決算について総括する杉田頭取(5月10日、宮崎銀)

関連キーワード

AI システム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)