北おおさか信金茨木支店、業況悪化先の経営改善 外部機関連携で7先支援

2024.06.17 04:30
事業再生支援 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
武市運輸の武市社長(右)から業務展開をヒアリングする谷川支店長(中央)と鈴木支店長代理(6月5日)
武市運輸の武市社長(右)から業務展開をヒアリングする谷川支店長(中央)と鈴木支店長代理(6月5日)
北おおさか信用金庫茨木支店(谷川進支店長=職員17人うち渉外5人)は、外部支援機関の機能を活用して、債務超過など業況が悪化した取引先の経営改善に力を入れる。谷川支店長が着任した2022年7月以降、7先の支援に取り組んできた。
谷川支店長は他行庫が攻勢を強める優良先への低金利競争に距離を置き、経営者との対話を通じて、潜在ニーズの具現化を心...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 北おおさか信用金庫(2024年6月25日)
北おおさか信金子会社、人材紹介 成約50件へ 勉強会で職員の意識醸成
人材不足を課題に抱える中小企業のトップにヒアリングする小牧社長(右、5月10日)
人事異動 北おおさか信用金庫(2024年6月1日)
銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用

関連キーワード

事業再生支援 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)