農林中金、「兆円増資」の真相 届かぬ利回り 巨頭の苦悩

2024.06.15 04:45
有価証券運用 海外戦略 資本政策
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「資本再構築」について説明する奥理事長(左、5月22日、東京都内)
「資本再構築」について説明する奥理事長(左、5月22日、東京都内)
1兆円超の資本増強に踏み切る意向を示した農林中央金庫。農業協同組合(JA)など預金・出資者に対する、国内金利の実情に見合わない高利回りの還元姿勢は金利・為替リスク軽視の外債運用に向かわせ、世界的な金利上昇局面で含み損が急膨張する事態に至った。半面、50兆円の運用資産を有するマーケットの巨頭が陥ったポートフォリオの偏りは、10年超に及んだ大...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 農林中央金庫(2024年6月21日)
農林中金、1.2兆円の「資本再構築」協議を発表 25年3月期は5000億円超の赤字見通し
農林中金、1.2兆円の増資検討 有価証券運用の見直しで
農林中金、「ブルーカーボン」創出へ 本部・営業店で案件発掘

関連キーワード

有価証券運用 海外戦略 資本政策

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)