地銀の店舗戦略、削減から機能見直しへ 顧客利便性や職場確保で

2024.06.13 04:45
事務効率化 店舗 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
地方銀行は、店舗内店舗方式などによって店舗数の削減を進めてきたが、一部銀行で既存店舗の機能を見直す方向に切り替える。顧客利便性や職場確保を重視した。一方、本格的な店舗再編にこれから着手するという銀行もある。地銀の店舗戦略は、他の地域金融機関に影響を与えるだけに動向が注目される。
「これ以上の大幅な削減は難しい」。山陰合同銀行は約4年間で...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

7月19日(金) ニュースリリース PICK UP
山陰合同銀、個人情報流出はなし 委託先ウイルス感染で
山陰合同銀、ATM障害の原因を特定 回線増強の作業ミス
山陰合同銀、ATM障害発生 原因は調査中

関連キーワード

事務効率化 店舗 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)