大手生保4G、一時払い終身の窓販好調 収保は2年連続2兆円超

2024.06.15 04:40
投信 保険・共済 金利
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
大手生命保険4グループ(G、日本生命グループ・第一生命ホールディングス・明治安田生命グループ・住友生命グループ)の2023年度金融機関窓口販売実績がまとまった。一時払い終身保険の収入保険料は2兆4426億円となり、22年度(2兆3478億円)に続き2兆円を超えた。新契約件数は30万3907件で、22年度(32万4955件)から減少したもの...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【都市対抗】明治安田、前回準Vヤマハにコールド勝ち 終盤に打線爆発
8回ウラ、満塁本塁打を打った中川を迎える明治安田のナイン(7月20日、東京ドーム)
住友生命系少短、熱中症保険が6.5万突破 猛暑で3倍、他社も参入
スマホから簡単に加入できることも急増に結びついた
生保協、永島新会長が就任 外貨保険の製販高度化に向け「フォローアップ」
就任会見で所信を表明する永島英器・新会長(7月19日、東京都内)
おくやみ 上山 保彦氏が死去 元住友生命社長

関連キーワード

投信 保険・共済 金利

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)