みずほ銀、新興支援の主役は現場 全国に専担者300人 

2024.06.11 04:50
起業・創業支援 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
先端技術を持つスタートアップ支援は一定の専門性が必要で本部の仕事になりがちだが、みずほ銀行は現場の行員を主役に据える。全国の法人部に専担者約300人を配置し、顧客接点を面で捕捉。同行が運営するイノベーション企業専用のサロン会員数は毎年約300社ずつ増加しており、直近2年でイノベーション企業(上場含む約5500社)への融資残高は約1.5倍に...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

シンプルフォーム、法人監視を効率的に みずほ銀、AML高度化
みずほ銀、中学校で起業家と交流授業 社会考えるきっかけ与える
学校を良くする案を語る学生(7月12日、渋谷区立松濤中学校)
【3メガG インドへ熱視線】(中) 現地企業取引に伸びしろ
新紙幣が到着、みずほ銀兜町支店では100人超が両替
(7月3日、みずほ銀兜町支店)

関連キーワード

起業・創業支援 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)