静清信金、新人職員がバイク運転学ぶ 交通安全の意識高める

2024.06.10 18:31
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
交差点での曲がり方を練習する新入職員ら(6月10日、古庄自動車学校)
交差点での曲がり方を練習する新入職員ら(6月10日、古庄自動車学校)
静清信用金庫(静岡市、佐藤徳則理事長)は6月10日、静岡市内の自動車学校でバイクの運転技術やルールを学ぶ研修を実施。総合職採用の新入職員21人が、交通安全の意識を高めた。
7月以降、新入職員が外回りをする機会が増えるため、2010年度から同研修を実施、今回で15回目。静岡中央署の白バイ警察官によるレクチャーのもと、交通ルールの確認や実際...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

静清信金、本店前で打ち水実施 雨水を再利用
打ち水をする佐藤理事長ら(中央、7月23日、本店前)
静清信金の取引先団体、JR九州顧問の唐池氏招き講演会
講演する唐池氏(7月17日、ホテルグランヒルズ静岡)
静清信金、MaOI機構と連携締結 海洋関連産業支援で
協定を結んだ佐藤理事長(左)とMaOI機構の松永是理事長(7月5日、静清信金本部)
静清信金、大学生に奨学金 新紙幣で贈呈
学生に奨学金を渡す佐藤理事長(右、7月4日、静清信金本部)

関連キーワード

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)