八十二銀、本部組織を改正 AIの高度化・活用を推進

2024.06.07 18:59
営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

八十二銀行は6月7日、6月21日付で本部組織を改正すると発表した。中期経営ビジョンにおける「総合金融サービス・機能の提供」をさらに加速させ、市場の変化による金利上昇や高度化する顧客ニーズ・課題に対応するのが狙い。


金融市場部の「ローンマーケットグループ」を「ストラクチャードファイナンス室」に改称。収益力強化に向けストラクチャードファイナンス案件への取り組みを強化する。また、営業渉外部にコンサルティング営業グループ内の事業金融チームを独立させ、「ソリューションファイナンスグループ」を設置。ストラクチャードファイナンスのアレンジ業務を強化し、より総合的な金融サービスを提供する。さらに、システム部システム企画グループ内のAIチームを独立させ、「AI推進室」を設置。AI関連分野の高度化や銀行業務でのさらなる活用をめざす。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

八十二銀、ローンプラザを長野銀に移転 共同店舗に
ON八十二・長野
八十二銀と長野銀、合併に向け担当窓口など変更
ON八十二・長野
八十二銀、ホーチミンで企業交流会 10月に開催 
地域銀、35行が社宅・寮を削減 老朽化や行員数減に対応

関連キーワード

営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)