横浜銀、秦野市で電子地域通貨事業

2024.06.07 18:55
提携・連携 デジタル化 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
横浜銀行は、現金をスマートフォンの専用アプリで地域通貨に換えて、加盟店での買い物の支払いに利用できる「電子地域通貨事業」を秦野市で始める。同市と共同で事業の枠組みを構築し、2024年 12月1日の開始を見込む。神奈川県内自治体と電子地域通貨事業を始めるのは今回が初めて。
同市が導入するのは、地域通貨「OMOTAN(おもたん)コイン」。近...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀、キャッシュレス納付を促進 地公体と連携深める
横浜銀、脱炭素で横浜市と連携協定 ウェブ口座への切り替えで寄付
締結式後に撮影に応じる片岡頭取(左)と山中市長(6月27日、横浜市役所)
横浜銀、元プロ野球選手を招き 新NISAセミナー
トークセッションで山田アナの問いに応える高木氏(6月8日、TKPガーデンシティPREMIUMみなとみらい)
銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用

関連キーワード

提携・連携 デジタル化 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)