徳島信金本店・二軒屋エリア、朝型勤務で生産性向上 活動量増え99先新規開拓

2024.06.10 04:35
営業・店頭体制 働き方改革 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
朝夕のミーティングを通じて案件の共有やアドバイスを行う(中央は伊東本店長、5月28日、本店)
朝夕のミーティングを通じて案件の共有やアドバイスを行う(中央は伊東本店長、5月28日、本店)
徳島信用金庫本店・二軒屋エリア(伊東学本店長=職員10人うち渉外3人、嘱託1人)は、メリハリのある働き方で活動量を増やし、融資残高を伸ばしている。既存先の深耕に加えて、2023年度は新規融資先を99先獲得。営業店業績評価で全店トップに輝く成績を収めた。
同店は繁華街の一角に位置し、飲食業や不動産業の取引先を多く持つ。23年2月に着任した...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

徳島信金、小濱専務が理事長昇格 4年ぶりにトップ交代
人事異動 徳島信用金庫(2024年4月1日)
人事異動 徳島信用金庫(2024年2月1日)
徳島信金、本店ビルを新築移転へ 25年6月オープン目指す
新本店の外観イメージ

関連キーワード

営業・店頭体制 働き方改革 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)