日本公庫24年3月期、純損失1863億円改善 保険契約準備金戻入額増が寄与

2024.06.06 18:21
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
決算会見で質問に答える日本公庫の田中総裁(6月6日、東京都内)
日本政策金融公庫は6月6日、2024年3月期の最終損益が823億円の純損失だったと公表した。前の期比で赤字幅が1863億円改善した。保険引き受け残高が減少し、保険契約準備金戻入額を計上したことが主因。民間金融機関における実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)の償還が進み、保険引き受け残高は減少傾向にあるという。与信関係費用は、条件変更やデ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日本公庫、「創業支援」で地域連携促す 深谷市内金融機関が業態越え交流
日本公庫、24年度のCLOローン募集開始 過去最多50機関見込む 総額700億円に増額
信金、貸出強化へエリア拡大 法人向け増やし収益確保
日本公庫、社会課題解決向け融資件数が18%増 「24年度もニーズ根強い」

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)