城南信金、ポスコロ事業を本格化 伴走支援へ2500先選定

2024.06.05 04:40
新型コロナ 業績評価・表彰 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
城南信用金庫(東京都、川本恭治理事長)は6月から、「早期経営改善計画策定支援(ポスコロ事業)」の活用を本格化する。5月に支店長・副支店長向けにウェブ説明会を開催。すでに対象企業を選定し、支援件数に応じた営業店業績評価も新設する。
ポスコロ事業の支援対象企業は、これまで支援が行き届かなかった比較的小口の事業者。民間実質無利子・無担保(ゼロ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 城南信用金庫(2024年6月13日)
銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用
城南信金、理事長に林常務 川本氏は相談役
銀行・信金、新卒辞退者に「ファストパス」 若手の中途採用機関7割増

関連キーワード

新型コロナ 業績評価・表彰 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)