埼玉県内3行庫、市の地域商社事業に参画 デジタル地域通貨普及へ

2024.06.04 04:45
アプリ ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
埼玉県の埼玉りそな銀行(福岡聡社長)、武蔵野銀行(長堀和正頭取)、埼玉県信用金庫(池田啓一理事長)は6月3日、さいたま市や地元経済団体・企業などと共同出資した地域商社「つなぐ」(さいたま市)の事業に参画することを発表した。同社が運営するデジタル地域通貨や市民アプリを普及させるため、通貨の加盟店募集やアプリのPRなどに協力する。
さいたま...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行界、女性管理職比率16.3% 定義厳格化で足踏み
武蔵野銀、中小企業者にDX体験 プログラミング講座展開
受講者それぞれで端末にLEDやセンサーを取り付け、自らプログラミング(7月3日、埼玉県川越市の東洋大川越キャンパス)
人事異動 武蔵野銀行(2024年7月8日)
人事異動 埼玉県信用金庫(2024年6月28日)

関連キーワード

アプリ ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)