日本公庫、社会課題解決向け融資件数が18%増 「24年度もニーズ根強い」

2024.06.01 04:50
社会・地域貢献 貸出・ローン
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
日本政策金融公庫は、2023年度の社会課題解決型事業向け融資件数が前年度比18%増の8942件だった。3年連続で増加した。「社会課題の多様化や複雑化を背景に、事業で解決を目指す人が増えている」(国民生活事業本部創業支援部)。事業分野は、高齢者の見守りサービスや訪問理美容など「保健、医療又は福祉の増進」が全体の件数のうち約3割を占め、最も多...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日本公庫、「創業支援」で地域連携促す 深谷市内金融機関が業態越え交流
日本公庫、24年度のCLOローン募集開始 過去最多50機関見込む 総額700億円に増額
信金、貸出強化へエリア拡大 法人向け増やし収益確保
日本公庫24年3月期、純損失1863億円改善 保険契約準備金戻入額増が寄与

関連キーワード

社会・地域貢献 貸出・ローン

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)