損保ジャパンなど、洋上風力発電のリスク評価を進化 最新データ・知見基に

2024.05.29 17:41
保険 リスク管理
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
損害保険ジャパン 看板6
損害保険ジャパンとSOMPOリスクマネジメントは5月29日、洋上風力発電所が抱えるリスク評価モデルを進化させたと発表した。国内外で近年発生した事故データや最新の学術研究成果などの知見をもとに、①ケーブル事故②傭船コスト――の2モデルを刷新。複数拠点で同時に被害が発生した場合の統合リスク評価の提供を開始するとともに、損保ジャパンにおける保険...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手損保、「ひょう災」対策を強化 アラートや車両カバー開発
ひょうで被害を受けたカーポート(4月、兵庫県、三井住友海上提供)
企業風土変革に全力 石川・損保ジャパン社長
石川耕治・損保ジャパン社長
損保ジャパン、宇宙スタートアップと情報講座共催 参入希望の事業者向けに
宇宙事業専任担当者の話を聞く参加者たち(5月17日、損保ジャパン本社)
損保ジャパンとみんなの銀行、Web3領域の保険で共同検討 サイバーリスク対策で

関連キーワード

保険 リスク管理

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)