大分県信組、宇佐国東半島の観光振興 学生が活性化案発表

2024.05.23 18:17
地方創生
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
宇佐市の活性化について両合棚田の有効活用を提案する立命館アジア太平洋大の留学生(5月23日、大分県信組本店)
宇佐市の活性化について両合棚田の有効活用を提案する立命館アジア太平洋大の留学生(5月23日、大分県信組本店)
大分県信用組合(大分県、𠮷野一彦理事長)は5月23日、本店で「第7回宇佐国東半島観光・地域振興広域連携プロジェクト推進協議会」を開催した。協議会会員の具体的な取り組み紹介や、初の試みで立命館アジア太平洋大学と別府大学の学生による発表も行われた。
同プロジェクトは、2019年1月に発足。自治体や企業・団体などが連携して宇佐国東半島の魅力を...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 大分県信用組合(2024年6月7日)
大分県信組、「デンケン」と連携協定 取引先の脱炭素促進
協定書に調印した大分県信組の𠮷野理事長(左)とデンケンの石井社長(4月17日、大分県信組本店)
人事異動 大分県信用組合(2024年4月1日)
大分県信組、大分県医師会と連携協定 健康診査の受診啓発

関連キーワード

地方創生

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)