大手損保3社、契約者名など情報漏えい 代理店から乗合損保へメール送信

2024.05.23 17:00
事件・不祥事
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン、三井住友海上火災保険は5月23日、保険代理店と他の損害保険会社(乗合損保)間のメール連絡で、自動車保険契約者名などの情報漏えいが確認されたと発表した。
発表によれば、情報漏えいが確認されているのは東京海上日動が238代理店、損保ジャパンが268代理店。自動車販売店など複数拠点を持つ保険代理店の管理...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

東京海上日動など、委託先がランサムウェア被害 顧客情報漏えいの恐れ
大手損保、宇宙保険の環境悪化で対策 安定的な商品提供めざす
大手損保、「ひょう災」対策を強化 アラートや車両カバー開発
ひょうで被害を受けたカーポート(4月、兵庫県、三井住友海上提供)
東京海上日動、世銀系MIGAと協定締結 新興国への民間投融資促進で

関連キーワード

事件・不祥事

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)