ほくよう農業ファンド、醸造用ぶどう栽培事業者に1000万円出資

2024.05.20 18:42
資本政策
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
(左から)越田執行役員、曾根輝雄北海道ワイン教育研究センター長、レオン社長、栗山町の森英幸産業振興課長(5月20日、北海道大学)
(左から)越田執行役員、曾根輝雄北海道ワイン教育研究センター長、レオン社長、栗山町の森英幸産業振興課長(5月20日、北海道大学)
北洋銀行と北海道二十一世紀総合研究所は5月20日、日本政策金融公庫と共同で設立した「ほくよう農業地域活性化ファンド」(総出資約束金額2億円)から、北海道夕張郡栗山町で醸造用ぶどうの栽培を行う農業法人、ヴァン・メティスに1000万円の出資をすることを決定したと発表した。
同ファンドの第6号出資案件で、使途は運転資金。同社は栗山町初の醸造用...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

羽ばたく新人へ私の仕事秘話(10)企業〝理解〟を地域の発展へ 北洋銀栄町支店融資課・調査役 末永耕平 さん
若手職員からの相談事について「発言することがまずは大事。聞き方やタイミングを気にせず、気軽に声をかけてほしい」と話す末永さん(5月15日)
信金、貸出強化へエリア拡大 法人向け増やし収益確保
北洋銀、2団体に100万円贈呈 スポーツ応援事業で
北海道障がい者スポーツ協会の武田功事務局長(右)に目録を手渡す米田取締役(6月13日、本店)
日本公庫24年3月期、純損失1863億円改善 保険契約準備金戻入額増が寄与

関連キーワード

資本政策

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)