肥後銀、地域内循環で「ロス」解消 事業化へ地元新聞社と連携

2024.05.21 04:45
システム 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
アプリの内容を確認する(左から)黒瀬さんと永野企画役(5月13日、宝屋パン)
アプリの内容を確認する(左から)黒瀬さんと永野企画役(5月13日、宝屋パン)
肥後銀行は、5月から食品など地域内の「ロス」を解消するため、地元新聞社とタッグを組んで実証実験に乗り出している。利用者のニーズを把握し、事業化を目指す。
同行は、廃棄せざるを得ない食品や製品、稼働していないスポーツジムなどの設備を「地域のロス」と定義。事業者が単独で解消するのは難しいため、課題解決に向けた施策を企画した。
同行と熊本日...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

九州地区地銀、新紙幣対応 来店客多くにぎわう 「日本の技術の塊」に感激
新札を求めて混み合う店内(7月3日、福岡銀本店営業部)
肥後銀、合志市に18年ぶり新規出店 半導体関連で需要見込み
外観のイメージ(肥後銀行提供)
九州FG、新会長の郡山氏が抱負 「さらなるシナジー求める」
撮影に応じる郡山会長(左)と笠原社長(右、6月17日、鹿児島銀本店ビル)
役員人事 肥後銀行(2024年6月17日)

関連キーワード

システム 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)