北都銀と荘内銀、信託商品を新規取り扱い 相続手続き簡易化へ

2024.05.20 18:25
高齢者取引
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
フィデアホールディングス傘下の北都銀行と荘内銀行は5月20日、「遺言代用信託」と「暦年贈与型信託」の取り扱いを開始した。簡易な相続スキームを導入することで、申込者に相続が発生した場合の家族などへのスムーズな資産譲渡を支援する。
両行は、みずほ信託銀行の信託代理店として顧客に商品を販売。みずほ信託銀行が信託金を主に北都銀と荘内銀の定期預金...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 北都銀行(2024年6月18日)
北都銀、大崎電気工業と業務提携 脱炭素化支援サービスを拡充
北都銀、脱炭素化ガスに切り替え 年間45トンのCO2削減へ
人事異動 北都銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

高齢者取引

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)