千葉銀と横浜銀、新たに提携効果250億円めざす パートナーシップ5カ年計画

2024.05.17 16:10
提携・連携
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
千葉銀行と横浜銀行は5月17日、業務提携する「千葉・横浜パートナーシップ」の新5カ年計画を策定したと発表した。新計画は首都圏のプレゼンス向上を掲げ、2024年度からの5年間で提携効果250億円を目指す。
今後の協業では、法人分野で営業店連携の拡充や海外拠点での案件発掘のほか、デジタル分野では人材育成や新事業創出への知見共有などを進める。...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

千葉銀と第四北越銀、災害・障害時の日銀ネット相互利用で合意 TSUBASA連携
横浜銀、元プロ野球選手を招き 新NISAセミナー
トークセッションで山田アナの問いに応える高木氏(6月8日、TKPガーデンシティPREMIUMみなとみらい)
横浜銀、秦野市で電子地域通貨事業
銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用

関連キーワード

提携・連携

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)