三井住友FG、100億円の経費枠設定 社会的価値創造へ種まき

2024.05.17 11:50
SDGs 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
三井住友フィナンシャルグループ(FG)は5月17日、社会的価値の創造に向けた100億円の経費枠を設定したことを発表した。短期的にはリターンが見込めない施策に取り組むことが可能になり、社会課題を解決する産業育成に種をまく。また、脱炭素支援に活用してきたサステナビリティ投資枠の投資領域を広げ、出資総額も拡大する。
経費枠は2024年度の純利...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

三井住友銀、アスエネと資本提携、脱炭素経営支援でシェア首位
個人国債の販売戦略変化 三井住友銀、非対面軸に2000億円
役員人事 三井住友銀行(2024年6月30日)
人事異動 三井住友銀行(2024年6月12日)

関連キーワード

SDGs 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)