関信金、顧客接点拡大し預金増強 新設「みのかも」100億円へ

2024.05.17 16:03
預金 店舗 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
新設開店後も、窓口で預金契約する来店客が目立った(5月10日、みのかも支店)
新設開店後も、窓口で預金契約する来店客が目立った(5月10日、みのかも支店)
関信用金庫(岐阜県、櫻井広志理事長)は預金増強に力を入れる。5月7日に新規出店したみのかも支店は、顧客の生活様式の変化に合わせて水曜日休日・土曜日営業を導入した。土曜日営業で顧客との接点を拡大し、5年後の預金残高100億円を目指す。
同信金は2024年度から、29年3月に迎える創立120周年に向けた5カ年計画を開始。攻めと守りを両立する...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 関信用金庫(2024年5月31日)
人事異動 関信用金庫(2024年3月15日)
関信金、新春経済講演会を開催
38社から80人が来場した(1月18日、関信金提供)
人事異動 関信用金庫(2024年1月1日)

関連キーワード

預金 店舗 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)