農林中金、「ブルーカーボン」創出へ 本部・営業店で案件発掘

2024.05.15 04:40
脱炭素 ESG 気候変動対応
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
農林中央金庫は、海草(うみくさ)などが海水中の二酸化炭素(CO2)を吸収する「ブルーカーボン」の創出を後押しする。本部・営業店で連携し、地方公共団体や漁業協同組合(JF)のニーズを発掘。海草が茂る藻場造成のほか、ブルーカーボンから生み出される「Jブルークレジット」の発行を支援する。
農林中金は2022年度から、鳥取県やJFなどと、藻場回...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 農林中央金庫(2024年6月21日)
農林中金、1.2兆円の「資本再構築」協議を発表 25年3月期は5000億円超の赤字見通し
農林中金、1.2兆円の増資検討 有価証券運用の見直しで
JAバンク、単協の融資体制を強化 残高は5年で3兆円増

関連キーワード

脱炭素 ESG 気候変動対応

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)