りそなHD、マネロン調査 自動化 〝進化するAI〟本番適用

2024.05.17 04:40
AI リスク管理 マネロン対策
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
りそなホールディングス(HD)は、マネーロンダリングとテロ資金供与対策/金融犯罪対策で、不正取引の調査を自動化している。手法の巧妙化など将来のリスク環境変化に対応できる〝進化する人工知能(AI)〟を用い、アラートの届け出確率スコアを算出。足元、アラートの3割で疑わしい根拠理由が付与され、効率的な着眼点分析につなげている。
SASインステ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

関西みらい銀枚方支店、駅前再開発を支援 事業者目線で融資提案
商業施設「HirakataWoven(ヒラカタウーヴン)」のテラスで、枚方鉄建の竹嶋会長(左)と話す山本支店長(7月2日)
銀行界、女性管理職比率16.3% 定義厳格化で足踏み
りそな銀、新事業イベントに岩永社長が登壇 積極融資をPR
最初の会議に登壇した(左から)西脇知事、佐山氏、岩永社長、小林議員(7月4日、京都パルスプラザ)
人事異動 りそな銀行(2024年7月1日)

関連キーワード

AI リスク管理 マネロン対策

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)