環境省、地域銀に新プログラム 自然情報分析を後押し

2024.05.15 04:50
情報開示 気候変動対応 環境省
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
環境省は、地域銀行などによる自然関連情報の分析を後押しするため、新たなパイロットプログラムを創設する。参加行は、投融資先のポートフォリオ分析とバリューチェーン分析を通じて、自然との接点やリスク、機会を把握・整理する。同省は、基礎的な分析手法を身に付けることで、将来的な自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)提言に沿った情報開示に生か...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

環境省・自然共生サイト、中小企業向け周知がカギ
金融界、脱炭素資格の取得拡大 〝ベーシック〟8割占める 対話に必要な知識習得
北陸新幹線福井・敦賀延伸 東京直結、観光客に期待 町づくりや環境対策で準備
福井県にとっては初の新幹線開通。首都圏から来る観光客に期待がかかる(JR西日本提供)
21世紀金融行動原則、三井住友FLと十六銀に環境大臣賞

関連キーワード

情報開示 気候変動対応 環境省

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)