八十二銀、24年3月純利益54%増の371億円 長野銀統合負ののれん益計上

2024.05.10 20:26
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
会見で決算内容を説明する樋代章平副頭取(左)と中村誠取締役常務執行役員(5月10日、八十二銀本店)
会見で決算内容を説明する樋代章平副頭取(左)と中村誠取締役常務執行役員(5月10日、八十二銀本店)
八十二銀行が5月10日に発表した2024年3月期当期純利益は、前の期比54%増の371億円だった。長野銀行との経営統合に伴う負ののれん発生益173億円の計上が主因。
連結決算では長野銀、ながぎんリース、長野カードの3社について23年7月からの9カ月分の実績のみ反映した。
連結粗利益は同9.7%増の1005億円。資金利益は21%増の87...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

金融界の24年株主総会、企業価値向上へ提案活発 PBR改善施策問われる
役員人事 長野銀行(2024年6月19日)
八十二銀など5行、上海で8月に商談会 メーカーなど100社参加
八十二銀、初のAIポリシー策定 成長に貢献する利活用を推進

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)