SBI新生銀行、共同店舗を16カ店に拡大へ

2024.05.09 18:12
コラボ店舗
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

SBI新生銀行は5月9日、SBI証券の子会社SBIマネープラザとの共同店舗を現在の9店舗から2024年9月末までに16店舗に拡大すると発表した。


新たに共同店舗を設置するのは6月に新宿、日本橋、7月八王子、町田、8月京都、9月名古屋、福岡の7カ店。共同店舗は22年8月に池袋支店に1号店を開設。24年4月末の共同店舗9カ店の預かり資産残高が約2200億円と順調に業績を拡大している。


同行では24年度中に共同店舗を22店舗にする方針で、「SBIグループの総力を結集した質の高い総合金融サービスを提供し、お客さまの安定的な資産形成に貢献する」としている。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

SBI新生銀行、NECキャピタルを持ち分法会社に
人事異動 SBI新生銀行(2024年7月1日)
役員人事 SBI新生銀(2024年6月18日、7月1日)
SBI新生銀、ZEH住宅ローン開始 年0.02%金利を優遇

関連キーワード

コラボ店舗

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)