日本生命、団年配当利回り引き上げへ

2024.05.09 17:00
金利
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

日本生命保険は5月9日、同社が受託・運用する団体年金保険一般勘定(GA)の配当込み利回りを引き上げると発表した。現在新規受託を停止している既存分は、3年ぶりに前年比0.15%引き上げ年1.35%へ。市場金利に連動しやすい個人年金保険に加え、団体年金にも〝金利のある世界〟が見えてきた。


同社のGAは、予定利率と事業や運用実績に連動する契約者配当率の2階建て。2023年4月に年1.25%から年0.5%へ引き下げた予定利率は据え置き、配当率を年0.7%から年0.85%へ引き上げた。新規受託向けに22年度から取り扱いを始めた「ニッセイ一般勘定プラス」は2年連続の増配。年0.5%の予定利率は据え置き、配当率を前年比0.45%増として出来上がり年1.15%にする。


対象となるのは約5000団体で、運用額は約6兆円に上る。団体年金における配当総額は前年比538億円増の約600億円となる見通し。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手生保4G、一時払い終身の窓販好調 収保は2年連続2兆円超
日本生命、移行金融の実践要領策定 電力・鉄鋼対象に定量評価
日本生命、DC加入者100万人突破 専任講師の投資教育が奏功
大手生保4G、24年3月期は全社増益 貯蓄性の販売好調  
日本生命、決算発表5月22日

関連キーワード

金利

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)