損保ジャパンなど、ETC2・0の査定活用検証 データ起点の過失割安算定へ

2024.05.08 10:22
提携・連携
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
損害保険ジャパンとSOMPOリスクマネジメントおよび沖電気は5月7日、「ETC2・0プローブデータ」から取得した情報を基に自動車事故時の過失割合を客観的に算定する実証実験を開始したと発表した。データ分析を通じて事故当事者の記憶に頼らない正確な算定システムを構築する。2025年3月までの稼働を目指す。
ETC2・0プローブデータは、路側に...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手損保、宇宙保険の環境悪化で対策 安定的な商品提供めざす
おくやみ 坂井 弘明氏が死去 元安田火災海上保険<現損害保険ジャパン>常務取締役
大手損保、保険料の返還・無料点検などで対応 ビッグモーター問題で
メガバンクや大手保険、ESG投資加速へ有益情報 日立と共通基盤

関連キーワード

提携・連携

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)