宮崎銀、当座預金開設を停止 手形などの電子化目指す

2024.05.07 19:35
事務効率化 決済
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
宮崎銀行は7月1日から、当座預金の新規開設と、2027年4月以降期日の手形・小切手の取立受付を、それぞれ停止する。手形・小切手の全面電子化に向けた取り組み。
24年10月1日からは、手形・小切手帳発行手数料を2200円(税込み)から5500円(同)へと引き上げる。...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

宮崎銀、自己株14万株取得へ
宮崎銀、24年3月期純利益12.7%減 2期ぶりの増収減益
決算について総括する杉田頭取(5月10日、宮崎銀)
宮崎銀、「累進配当」を導入 増配と自己株取得も発表
宮崎銀、家賃保証業務が収益化 他行にノウハウ有償提供

関連キーワード

事務効率化 決済

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)