能登半島地震から4カ月、事業再開支援が本格化 復旧・復興フェーズへ

2024.05.04 04:50
防災・復興 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
塩田村の状況を説明する石田社長(左から3人目)と中野支店長(同4人目、4月19日、奥能登塩田村)
塩田村の状況を説明する石田社長(左から3人目)と中野支店長(同4人目、4月19日、奥能登塩田村)
1月1日の能登半島地震から4カ月が過ぎ、災害支援から復旧・復興にフェーズが移り始めた。被災地域を営業基盤とする興能信用金庫・のと共栄信用金庫は、事業再開を目指す企業の支援を本格化している。上下水道や道路網などのインフラが依然として復旧途上にあるなかで事業再開に挑む事業者と、それを支える信金の奮闘を追った。(野田宜邦、北原駿)

興能信...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金、ATM×AIで特殊詐欺防止 西尾、福島など試行導入
AI画像検知付ATMを試行する西尾信金職員(5月8日)
興能信金、営業店の8割に昼休業 復興局面で負担軽減
のと共栄信金、被災事業者の商品を懸賞に 「能登半島復興応援定期」開始
人事異動 のと共栄信用金庫(2024年4月1日)

関連キーワード

防災・復興 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)