十六FG、BCP提案強化へ 新興企業と事業提携

2024.05.01 19:33
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
会見で手を組む(左から)十六リースの白木社長、YADOKARIの上杉勢太社長、NOBUNAGAキャピタルビレッジの峠清孝社長(5月1日、NOBUNAGAキャピタルビレッジ)
会見で手を組む(左から)十六リースの白木社長、YADOKARIの上杉勢太社長、NOBUNAGAキャピタルビレッジの峠清孝社長(5月1日、NOBUNAGAキャピタルビレッジ)
十六フィナンシャルグループ(FG)は、子会社の十六リースが中心となり企業の非常事態に備える事業継続計画(BCP)支援を強化する。5月1日、簡易診断サービス「BCPミレル」の提供を開始。さらに、車両で運搬可能なトレーラーハウスなどを提供するスタートアップ企業「YADOKARI(神奈川県)」との事業提携を発表した。
提携の背景には、昨今の防...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

東海3県地域銀、貸出牽引「債券リパ」 増加から維持・縮小へ
役員人事 十六フィナンシャルグループ(2024年6月20日)
十六FG、24年3月純利益3.6%増の193億円 資金利益増と与信費用減が寄与
会見では池田社長(左)と児玉英司常務執行役員が23年度の各実績について説明した(5月9日)
十六FG、人材紹介が成約年100件超 「支援意識醸成」の施策奏功

関連キーワード

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)