メガバンクなど、宇宙ファンドに出資 スパークスに総額110億円

2024.04.26 17:49
ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

三菱UFJ銀行と三井住友銀行、みずほ銀行、三井住友信託銀行、日本政策投資銀行は4月26日までに、トヨタ自動車などとともに、独立系資産運用会社スパークス・グループの子会社であるスパークス・イノベーション・フォー・フューチャー(SIF)が立ち上げた宇宙開発支援の「宇宙フロンティアファンド2号」に出資した。ファンド総額は110億円となる。


同ファンドは20年6月にSIFが立ち上げた「宇宙フロンティアファンド」を引き継ぎ、日本発の宇宙企業の育成に向けて人材や技術を支援する。9月末まで追加出資を募り、最終的に150億円規模を目指す。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【更新】監視委、三菱UFJ銀とグループ証券2社に処分勧告、FW規制と有価証券引受などで違反
ON金融庁看板
三井住友銀、アスエネと資本提携、脱炭素経営支援でシェア首位
個人国債の販売戦略変化 三井住友銀、非対面軸に2000億円
役員人事 三井住友銀行(2024年6月30日)

関連キーワード

ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)