北国FHD、地震で14億円引当も増収増益 政策株売却益は82億円

2024.04.26 16:35
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
能登半島地震の決算への影響を説明する杖村社長(4月26日、北国FHD本店)
能登半島地震の決算への影響を説明する杖村社長(4月26日、北国FHD本店)
北国フィナンシャルホールディングス(FHD)が4月26日に公表した2024年3月期決算は、純利益が前年同期比3.5%増の90億5500万円となった。米国金利の上昇による外貨調達コストの増加や、能登半島地震の対応で14億円の追加引き当てが発生したものの、政策保有株式の売却益82億円などが寄与し、2期ぶりとなる増収増益を確保した。
北国銀行...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・信金、新卒の選考方法見直し 母集団形成へES簡素化
地域銀、社会課題解決で外部協働 北国FHDが今秋にファンド
船井総研、オフィス移転セミナー 北国FHDの杖村氏が講演
北国FHD、ケニアで現地企業に初融資 コンサル現法も開業へ
バイタルレイの高度画像センター内のCTスキャン室(ケニア国内、北国FHD提供)

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)