東京きらぼしFG、稲城市と協定結ぶ 地域包括ケアシステム推進

2024.04.25 04:35
提携・連携 店舗 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
締結式に臨む(左から)渡邊社長、髙橋市長、アースサポートの森山典明社長(4月24日、稲城市役所)
締結式に臨む(左から)渡邊社長、髙橋市長、アースサポートの森山典明社長(4月24日、稲城市役所)
東京きらぼしフィナンシャルグループ(FG)と、きらぼし銀行は4月24日、東京都稲城市などと地域包括ケアシステムの推進に関する協定を締結した。稲城支店内に2023年8月に移転した稲城向陽台支店の店舗建物を「稲城市地域包括支援センターこうようだい」の事務所として活用する。
地域包括ケアシステムは、高齢者が住み慣れた地域で介護などの必要なケア...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用
きらぼし銀、赤坂芸者の公演に220人
東京きらぼしFG、スシテック東京に出展 支援先企業を紹介
東京きらぼしFGのブースを訪れた東京都の宮坂学副知事(左)と談笑する渡邊社長(5月16日、東京ビッグサイト)
きらぼし銀、観光特化のピッチ開く 藤沢市でHISと共催
登壇したコロリドージャパンによるピッチの様子(5月10日、神奈川県藤沢市、同行提供)

関連キーワード

提携・連携 店舗 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)