大手証券、ESG債主幹事競う 多様な企業ニーズに対応

2024.04.28 04:45
ESG 債券市場 気候変動対応
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
大手証券会社でESG(環境・社会・ガバナンス)債の引き受け競争が激化している。気候変動への対応を背景に、2023年度の発行額は22年度比4割増の約6兆8000億円と過去最高を記録。主幹事関与額は大手5社で9割を占めた。対応陣容の増強などで各社とも企業への提案力向上に力を入れる。
アイ・エヌ情報センターによると、ESG債のうち国内公募普通...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

SMBC日興証券、富裕層向けツールを全担当顧客に 資産管理高度化へ
SMBC日興証券、IR・SR支援で協業 モロー・ソダリの日本法人と
SMBC日興証券、フェアトレード後押し 新丸ビルで販売会 
SMBC日興証券、フェアトレード後押し 新丸ビルでNPOと販売会 
SMBC日興証券、高専生の新卒採用を開始 大卒と同待遇

関連キーワード

ESG 債券市場 気候変動対応

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)