【インタビュー】工藤・新生銀社長 株主の権利守る 企業価値向上対策も検討

2021.10.27 04:46
インタビュー
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
10月21日にSBI地銀ホールディングス(SBIHD)からの株式公開買い付け(TOB)に対して、条件付き反対を表明した新生銀行。今後の株主対応や企業価値の向上対策などについて工藤英之社長(57)に聞いた。
――TOBに反対を表明した。
「当行の取締役会は取締役7人のうち5人が社外取締役で、今回、この社外取締役が特別協議会を作り、SBI...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

SBI新生銀、ZEH住宅ローン開始 年0.02%金利を優遇
SBI新生銀、24年3月期純利益36%増の579億円 グループシナジー135億円に
SBI新生銀行、共同店舗を16カ店に拡大へ
アプラス、BANKITでスワローズ公式アプリに新機能 きらぼしテックと法人開拓で

関連キーワード

インタビュー

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)