大手損保、都市部で「日本版ライドシェア」保険 4100台加入で将来は8200台に拡大へ

2024.04.12 14:20
保険・共済 新商品 リスク管理
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
大手損害保険4社(東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険、損害保険ジャパン、あいおいニッセイ同和損害保険)は、4月から「日本版ライドシェア」に対応した自動車保険を発売している。タクシー事業者が保険契約者となり、一般ドライバーの対人・対物賠償や人身傷害などを補償する。日本版ライドシェアは、タクシー会社が運行主体となり、一般ドライバーがタ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

損保ジャパン、宇宙スタートアップと情報講座共催 参入希望の事業者向けに
宇宙事業専任担当者の話を聞く参加者たち(5月17日、損保ジャパン本社)
損保ジャパンとみんなの銀行、Web3領域の保険で共同検討 サイバーリスク対策で
あいおいニッセイ同和、被災地の復興を後押し 金沢市と物産展を開催
レジには購入する多くの役職員の行列ができた(5月14日、本社ビル)
東京海上日動火災 サイバー関連でAWSと連携

関連キーワード

保険・共済 新商品 リスク管理

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)