ラップ市場、対面と非対面で拡大続く 大和・日興証券が首位争い

2024.04.05 04:30
経営計画・戦略 資産形成 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
ラップ市場の残高が対面、非対面双方のチャネルで拡大が続いている。日本投資顧問業協会によると、2023年12月末時点の投資一任(ラップ)サービスの契約資産残高は22年12月末比21.22%増の17兆807億円、件数は同8.3%増の162万1780件。ファンドラップ(FW)を提供する大手証券会社では残高首位の大和証券(3兆7498億円)にSM...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

SMBC日興証券、IR・SR支援で協業 モロー・ソダリの日本法人と
SMBC日興証券、フェアトレード後押し 新丸ビルで販売会 
SMBC日興証券、フェアトレード後押し 新丸ビルでNPOと販売会 
SMBC日興証券、高専生の新卒採用を開始 大卒と同待遇
銀行・信金、新卒辞退者に「ファストパス」 若手の中途採用機関7割増

関連キーワード

経営計画・戦略 資産形成 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)