日銀仙台支店、暖冬などで1年ぶりDI悪化 東北地区の3月短観

2024.04.01 18:49
景気
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
東北6県の3月短観を説明する岡山支店長(4月1日、日銀仙台支店)
東北6県の3月短観を説明する岡山支店長(4月1日、日銀仙台支店)
日本銀行仙台支店は4月1日、東北地区6県の「企業短期経済観測調査(2024年3月)」(短観)を発表した。全産業の業況判断(DI)は0ポイントで、前回(23年12月調査)から3ポイント悪化し、1年ぶりのマイナスとなった。製造業では一部自動車メーカーの出荷停止、非製造業では暖冬や小雪の影響でサービスや商品の販売数が減少したことが主な要因となっ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日銀調査、地域金融機関のオフィス賃貸業向け融資が増加 市況変化受けやすく
日銀仙台支店、「持ち直し幅緩やか」 景気判断を引き下げ
東北地区の経済の動きについて説明する岡山支店長(3月25日、日銀仙台)
日銀、マイナス金利政策解除 利上げ17年ぶり YCCも撤廃
マイナス金利解除で円安進行、150円台 日経平均は4万円回復 

関連キーワード

景気

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)