首都圏信金、入庫式を開催 〝金利ある世界〟強調

2024.04.01 17:48
採用
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
決意表明をする川崎信金新入職員の松永彩花さん(先頭、川崎市川崎区の川崎信金本部ビル)
決意表明をする川崎信金新入職員の松永彩花さん(先頭、4月1日、川崎市川崎区の川崎信金本部ビル)

首都圏1都3県の各信用金庫は4月1日、入庫式を開いた。


埼玉県信用金庫は、新入職員50人や新人配属先の支店長らが入庫式に出席。池田啓一理事長は、日本銀行のマイナス金利政策解除で「経済や生活にどのような影響があるか、正しい情報を得て刻一刻と変わる状況への対応が求められる。自分で考え、実現に向けて動く〝考動力〟が重要」と訓示した。入庫式後は、支店長が新入職員を配属店に案内。川越支店の小林徹執行役員支店長は、岡翔太さんと中川栞里さんと店舗に向かった。岡さんは「不安もあるが、挑戦が楽しみ」と話した。



(左から)埼玉県信金川越支店配属の中川さんと岡さんを連れて支店に向かう小林執行役員支店長(さいしんホール周辺のバス停)
埼玉県信金川越支店配属の(左から)中川さんと岡さん。一緒に支店へ向かう小林執行役員支店長(4月1日、さいしんホール周辺のバス停)

千葉信用金庫は、宮澤英男理事長が35人の新入職員を前に「預金金利が上がるなど環境は変化し、顧客のニーズも多様化している。常に学びの姿勢を忘れないでほしい」と述べた。式終了後、支店長と配属される新人が一緒に支店に向かった。40年以上続く同信金の伝統行事で、配属店に1人で向かう新入職員の不安を取り除くため続けている。



配属先の千葉信金五井支店(市原市)に向かう中村真子さんと吉田与一郎支店長(右、千葉市中央区の本店)
配属先の千葉信金五井支店へ向かう中村真子さんと吉田与一郎支店長(右、4月1日、本店)

東京東信用金庫は、中田清史理事長が入庫した全57人に辞令を手渡した。「経済環境は金利がある世界に入るなどしているが、変化に的確に対応していく。皆さんは目標を持つことが大切。さまざまな困難が伴うがやり遂げることで喜びを感じて頂きたい」と祝辞を述べた。



新入職員に辞令を手渡す東京東信金の中田理事長(左から2人目)(東京都墨田区の東京東信金両国本部)
新入職員に辞令を手渡す東京東信金の中田理事長(左から2人目、4月1日、両国本部)

城北信用金庫は、新入職員74人(うちアスリート職員1人)が入庫。大前孝太郎理事長は「日ごろから自分の仕事が生み出す価値を高め、お客さまに喜んでいただくために必要な準備を意識してほしい。価値が届いた時こそ自分の成長を実感できる。能力や可能性に限界を作らず、ブレイクスルーしていこう」とあいさつした。



新入職員に訓示を述べる城北信金の大前理事長(奥中央、東京都文京区のホテル椿山荘東京)
新入職員に訓示を述べる城北信金の大前理事長(奥中央、4月1日、ホテル椿山荘東京)

川崎信用金庫は、新入職員35人が出席。堤和也理事長は「数年後、皆さんがこの街のベストサポーターとなれるよう精進してほしい」と激励。入庫2年目の森田郁さんも登壇し、「不安な時は誰かに声をかけてほしい」とエールを送った。式終了後、新入職員は配属先の支店長とともにそれぞれ営業店へ向かった。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
川崎信金、ジュニアサッカー大会を協賛 5年ぶりに開会式開催
人事異動 埼玉県信用金庫(2024年4月1日)
首都圏信金・信組の24年問題対策(下) マッチングやM&Aに活路
さわやか信金は運送業向け交流会で業者間のマッチングを支援した(23年12月14日、同信金羽田本部)

関連キーワード

採用

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)