清水銀、3月期純利益34億円の赤字予想に 外貨建て債券すべて売却

2024.03.29 17:53
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
清水銀行は3月29日、2024年3月期の連結純利益が34億円の赤字(23年3月期は14億7400万円の黒字)になる見込みになったと発表した。従来予想は8億円の黒字だった。
外貨調達コスト削減を目的にすべての外貨建て債券を売却したことが主因。売却額は通期で630億円(うち下期590億円)になる。これにより、単体の国債等債券損益で59億円の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行、外債処理で駆け込み売却 3月、1兆4000億円売り越し
人事異動 清水銀行(2024年4月1日)
【実像】手形・小切手の完全電子化 〝岩盤〟崩しへ 正念場迎える
金融界はチラシなどを通じて電子決済への移行を呼びかけている
東西ペンリレー マンドリンオーケストラ

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)